プラン予約はこちらから
旭屋へようこそ
旭屋のおもてなし 新米・お茶のおもてなし・色浴衣
冬のずわい蟹
photo photo photo
主に山陰地方で獲れるズワイガニ。
カニの足を広げると松の葉に似ているところから、松葉カニと呼ばれるようになったという。
しっかりとした味わいで、様々な食べ方で楽しまれ、一番人気のカニ。

ズワイガニの中でも、その産地により、品質に大きな違いがある。
2000年7月1日からJAS法が改正され、従来から柴山港では、よりよい品質の本物の松葉カニを食べて頂きたいと言う願いから、他の産地よりも圧倒的に厳密な品質の選別を行ってきた。
その厳密な選別を受けたカニが「柴山がに」となり、ピンク色のタグがついている。
さらに紫外線殺菌をした海水を入れた水槽で活かし、他地域に負けないカニの品質を保っている。
ピンク色のタグは柴山がにの印であり、安心安全で厳密な選別を受けた本物のカニの証。
最高のカニを最高の食べ方で。
カニの本場で、お腹いっぱいかに三昧。
旨い酒と、あったか囲炉裏で、ぜいたくなひとときを。

旭屋から海岸沿いを歩いて15分の位置にある香住柴山漁港。
午前3時ごろ入港した船から水揚げされたカニの市が7時から始まります。
鐘の音やセリ人の威勢のよい声、目当てのものをセリ落としてやろうという緊張感が漁港を包みます。
ずらりとたくさんのカニが並べられた光景やその中で繰り広げられるセリは圧巻です。
朝市は見学もできますので、是非その熱気を味わってください。
かに刺し
キレイに華がさいたぷるっとした身。
新鮮なカニでしか味わうことの出来ないかに刺しは、口に入れた途端、とろける旨さ。
焼きガニ
身がぎっしり詰まったプリップリッのカニを囲炉裏端で食べる。
芳ばしい香りとこんがりついた焼き目を皮ごと食べたくなるほど食欲をそそります。
カニみそ
珍味ともいわれるカニみそは、炭火で焼くと一層コクのある味わいに。
カニをカニみそにつけて食べれば贅沢の極み。
酒の肴にもよく合いますよ。
焼きイカ、焼きエビ
自慢の囲炉裏で焼き上げたエビとイカの炭火焼きは、香ばしい匂いで食欲を掻き立てられます。
かにしゃぶ
プリップリのかにしゃぶは、出汁と絡まって最高の一品です。
かにしゃぶの食感をお楽しみ下さい。
かにちり
アツアツのカニに、霰(あられ)があたり甘味のある白菜…、蟹料理の横綱といえば、やっぱりカニちり。
みんなで“ふぅふぅ”言いながらお腹いっぱい、からだポカポカ。
カニ雑炊
宴の締めくくりは雑炊で。
カニ雑炊でこの地域より美味しいものはありません。
人気の自家製漬け物といっしょにダシのうま味を存分に味わってください。
柴山ガニ
冬のずわい蟹料理
(1泊2食)
料金料理内容
平日16,500円~焼がに・かにちり鍋・かにしゃぶ・お造り(いか・えび・魚等)・剣先いか・さくらえび・せこがに・かにみそ・かに雑炊・デザート・漬物
土曜・休前日17,500円~
平日18,500円~上記の料理内容にプラス かに刺し付
土曜・休前日19,500円~
平日20,500円~上記の料理内容にプラス かに刺、かにから揚付
土曜・休前日21,500円~
平日22,500円~上記の料理内容にプラス かに刺、かにから揚、ゆでがに(お1人半枚)付
土曜・休前日23,500円~
※地がにコース オール柴山がにを29,500円よりご用意させていただきます。
料金料理内容
昼食10,000円~焼がに・かにちり鍋・お造り(いか・えび・魚等)・剣先いか・さくらえび・せこがに・かにみそ・かに雑炊・デザート・漬物
昼食12,000円~上記料理内容にプラス かに刺し付
4月・5月・9月・10月香住かに料理 1泊2食 12,500~16,300円
7月・8月夏の会席料理 1泊2食 10,500円
夏の会席料理+日本海の活イカ料理 1泊2食 12,500円
ご予約はTELかFAXで受付致します。
TEL:0796 (37) 0452 FAX:0796 (37) 0836
ryori_bnr.png
ページの先頭にもどる